ガーデニングは今が旬。5月が勝負の分かれ目!初夏の園芸プログラム

Pocket

こんにちは!

作業療法士で園芸療法を実践しております、

まつした(@flowerpower_ht)です。

 

 

5月になりました。

世間はゴールデンウィーク。

特に今年は10連休ということもあり、旅行に行かれたりする方も多いですね。

実は今が春の花から夏の花への替え時なのです。

この機を逃すと草花の植え替えがうまくいかないことがあります。

 

 

まだ5月。なぜ今、草花の植え替え時なの?

 

もも

うちにはまだパンジーやビオラ、春の花がきれいに咲いているよ。

それなのに、その花を捨ててしまわないといけないの?

かわいそう!

 

後ろ髪引かれる気持ちはよくわかります。

 

まつした

でもね。

このくらいの時期に夏の花に植え替えておかないと

ちょっとやっかいなことになるのよ。

 

もも

やっかいなこと?

いったい何がやっかいなの??

 

 

ホームセンターや園芸店に行ってみよう、苗を見てみよう

ゴールデンウィークの今、ホームセンターや園芸店に行ってみてください。

ここぞとばかり、いっぱい草花や野菜の苗が売り出されているはずです。

そう、今が夏の草花や野菜の苗の買い時なのです。

  • 草花や野菜の苗の種類が豊富
  • 元気な苗が多く売られている
  • なんといっても「安い」!

 

この連休におうちの草花を綺麗に見せたい、庭の手入れしたい、と思う人は少なくないはずです。

野菜も、これから暖かく、暑くなる時期を迎え、夏には収穫の時期を迎える種類のものがたくさんあります。

 

それを見越して、ホームセンターや園芸店ではいろんな種類のお買い得の苗を準備しているはずです。

 

 

元気な草花や野菜の苗を手に入れるのは、今!お家で園芸療法も。

4月までは寒かったりと天候が安定しません。

5月になると気温も20℃前後と過ごしやすく晴れの日も多くなります。

暑くなく寒くなく、しかも蚊などの虫が少ないのも5月まで。

6月になると梅雨時期になり、ジメジメとして蒸し暑く、作業する気持ちも萎えてしまいます。

 

そしてなんといっても草花や野菜が湿気や病気、害虫にやられることが多くなってきます。

そのため、5月の天候の良い今、夏の苗を植えて、ある程度大きく育てておかないと、6月の梅雨とその後の暑さにやられてしまいます。

もっとも、7〜9月の暑さは尋常ではなくなってきているので、植物たちも元気がなくなりますし、人間も外に出ることさえ億劫になってしまいますよね。

 

お子さんと一緒に買ってきた草花の名前を確認し、どんな風に育つのか一緒に勉強し、ガーデニングすれば、園芸療法プログラムになりますよ!

家族みんなで植えた植物、毎日手入れし育てて生長をみるのも毎日の楽しみになりますね。

もも

なるほど。わかったよ!

早速今日お店に行ってみてみるね!

 

まつした

そうそう。

やる気出して今のうちにお庭をきれいにしちゃいましょう!

 

ブログを更新したらTwitterでお知らせしています。

フォローflowerpower_ht)、よろしくお願いします!

Instagramは naomim0215  です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です