園芸療法の庭を作る;外に出ること

Pocket

いつもありがとうございます。

まつした(@flowerpower_ht)です。

園芸療法;わたしの夢

こんな夢の実現にむけて準備しております。
ご興味ある方、ご協力していただける方、ぜひご連絡ください(^-^)/

 

 

毎日出かけること

 

またコワーキングスペースに行ってきました。

自宅があるんだからそこで作業すればベストなのですが、わざわざ30分かけてそこまでいくのはどうなの、あんなに通勤時間がかかるのは嫌だと言っていたのに、です。

自宅で作業するとすると誘惑も多いだろうし、普段着で一日終わってしまう。

チャンネルを切り替えたい。

 

草花に水やりをして、洗濯物を干して、ブログを更新、ネットを見て出かける準備をして、じいちゃんの着替えをし、朝食を食べてもらい、デイに送り出して、

出かける。

 

場所と時間をわざわざお金で買っている、とは思いますが、オフィスを借りると思えば安い。

生活臭のしないところで作業をすることで集中が高まる。

 

 

メリハリをつける

 

仕事に行くのではないにしろ、ふだんとそうでない時間、内の顔ではなく外の顔になることを続けることは、仕事を辞めたいまでも必要だと感じています。

自宅ではなかなか手がつかない書類作成やネット仕事、本を読んだり、5時間少しの時間ですが16時には去る、と決めているから集中できる。

ぼうっとする時間もあって、その中でアイデアが浮かぶ。

 

仕事じゃないけど仕事のように時間を決めてとりかかる。

終わったら帰って、じいちゃんを出迎えて少し相手をして家事をする。

 

だんだん一日のリズムができつつあります。

 

家からコワーキングスペースまでの行き帰り、外の様子を見て草花を見たり、バスの車窓からの景色を眺めたり、というのもなんだかゼイタクに思います。

 

 

ひととの付き合い

 

利用2日目、同じようにコワーキングスペースに来ている人とはまだ話はできていません。

でも昨日、お昼休みに少し挨拶をかわしたりと、仕事場ではなく同僚でもないのでべったり話し込むことはないけれど、それでもいつも誰かいる、という感覚はなんとなく安心します。

 

近々スペースを使っているひとたちの集まりがあるようです。

仕事していた頃はそういう集まりには、あまり出る気がなかったのに、自分から「これ、出たいです」と言ったりして。

強制的に出席しなければいけない状態と、自分が選択できる今とでは大きく違います。

それに、いまは近郊の、この土地のひととつながりたいと思っている

いろんなイベントに参加していろんなひとと話したい、知っておきたい、という気持ちがある。

人間、どこでどうつながるかわからないものです。

 

昨日は、名刺を新しく作り、発注しました。

「リハビリと園芸療法と楽しいことの庭作り」プロジェクト、ゆっくりでも進んでいる、という手ごたえが感じられます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です