園芸療法の庭を作る;コワーキングスペースを使ってみて

Pocket

いつもありがとうございます。

まつした(@flowerpower_ht)です。

園芸療法;わたしの夢

こんな夢の実現にむけて準備しております。
ご興味ある方、ご協力していただける方、ぜひご連絡ください(^-^)/

 

 

コワーキングスペースってどんなとこ?

 

昨日見学して今日から使い始めたコワーキングスペース。

思い立ったが吉日、で、なかなかよろしいです。

 

オランダの建築家、リートフェルトのデザインの椅子。
SNSにアップしたらオランダ人の知人から教えてもらいました。
こういうところはさすがオランダ人。

 

最初にどういう風に使うかざっくり説明してもらって、使用している間は名札をつける、ドアはオートロックになっているからスマートフォンにアプリをダウンロードして鍵を開けるようにしてもらいました。

これが驚きで、スマートフォンをドアにむけてオープンボタンを長押しするだけなのです。

どういうこと??と思いましたが、いまはそういうものなのですね。

鍵のやり取りをしなくてよいので非常に便利です。

 

ブースがいくつかあり、すでにすべて契約済み、借りれないのですが、そこに自分の会社の住所を置いて仕事をしているひとがいるので、オフィスを借りて、と考えるより簡単ですね。

ブース、個室ではない共有部分にいくつか仕切られた場所があって、勉強机が並んでいるようなかんじは図書館のような雰囲気ではありますが、共有部分で作業してもよいとのこと。

あまり広々したところよりは周りが見えないよう壁のあるところが落ち着くのはなんだろう。

小さいころ押入れに秘密基地を作ったりしたようなそんな居心地の良さなのでしょうかね?

 

疲れたらリビングスペースに移って食事したり外を見ながら休んだりすることもできます。

 

 

集中できる

 

 

とにかくわたしには集中できることは間違いなし。

自宅にいるといろんな家事や誘惑がありすぎて。

ネコが来たらネコと遊んだりとついついいろんなことをしてしまう。

必要なものしか持って行っていないのでそれに向き合うしかない。

ずっと手につかなかった、書類のドラフトができました。

 

コワーキングスペースだと、今日はアレを片付けよう、という予定もこなせそう。

 

 

地域の情報収集

 

できれば同じスペースのひとと話して「リハビリの庭を作る」ための情報を集めたいと思っています。

もちろんブースにいたり自分の仕事に集中したりと話す機会はまだなさそうですが、いずれはそういう機会もあるかも。

 

 

とにかく手につくところ、考えついたところから動いていますが、もっと効率的なやり方もあるかもしれませんが、ゆっくりしたアタマで自分のペースでやっていきたいです。

あとは仲間を増やしていくことですね。

興味をもってもらえるよう、声をかけること、続けていきたいと思います

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です