わたしの夢の第一歩

Pocket

いつもありがとうございます。

まつした(@flowerpower_ht)です。

 

園芸療法;わたしの夢

こんな夢の実現にむけて準備しております。
ご興味ある方、ご協力していただける方、ぜひご連絡ください(^-^)
お待ちしております、よろしくお願いいたします。

 

 

夢を形に

 

ブログを書くことでいろんな方からお話があります。

とても魅力的なお話だったりお仕事のことだったり、同じセラピストで独立されて頑張っている方とお話しするなど、ブログを書いてきてよかった、と思うことがあります。

そんなふうにやりとりしているうちに、いろいろ考えているより実行、といままでお世話になってきたひとたちに「わたしの夢」の実現についてもちかけてみています。

 

 

起業に対する想い

 

以前、誰にも雇われずにひとりで仕事をしたことといえば、20年前にひらいていたフラワーアレンジメントの教室です。

 

オランダのフラワーデザインの認定を受けていたわたしは、その頃園芸店に勤めていたものの、フラワーデザインの教室を開きたい、という気持ちが強く、勢いで実現しました。

まず駅前に貸しスペースを探して契約し、宣伝はコミュニティ誌などに無料で載せてもらうことで、お金をかけずに集客でき、数人から始めた教室でした。

生徒さんは数人が20名ほどになり、毎週のように花の卸まで朝早く車で通って花を買いに行き、きれいに手入れして水揚げして教室まで持っていき、週2回ほどクラスを行う。

 

残念ながらアメリカに行くことになってしまったので、2年ちょっとで終わってしまいましたが、教室を誰かに引き継ぐことはできなかったのでわたしが認定を受けた教室を生徒さんたちに紹介し、日本を離れました。

 

あのころの勢いとエネルギーを思い出すとほとんど無謀とも思われる状態でしたが、ほんとうに無我夢中で突き進んでいたと思います。

後先考えず、純粋に気持ちや情熱だけで動く、というところはわたしの良いところでもあり悪いところでもあると思うのですが、その頃と比べるといまは少し勢いはない。

失敗を恐れる、慎重にならなければならないという気持ちが大きくなっています。

過ごしてきた年数や経験からくるものだと思いますが、根本は変わっていない。

情熱で動く、というところは変わらない。

 

 

夢の実現に向けて

 

20年前ひらいていたフラワーアレンジメント教室は元手はいらなかったし、教室をいったんたたむことになって生徒さんたちには道を断たれたようになってしまったのでご迷惑をかけてしまったのですが、別の教室につないだりして教室を終わらせた。

今回の夢の実現はもっと規模が大きい。

庭、施設を作るのです。

いまは何もありません。まったく何もない状態。

土地も無い、資金も無い、ひとりだけでは実現できない。

たとえばお金。

資金は自分で準備。。は難しい、寄付を募るのかパトロンを見つけるのか、それもわからない状態。

 

勢いで始めるのではなく、なにをなんのためにどうするか、仮に実現して継続できるのか、など、今までかかわってきた方々の話を聞きながら、考えを重ねていきます。

 

少しずつ問い合わせたり相談し始めているのですが、ラフドラフトを描いてみることにします。

ハード面、ソフト面合わせて、夢を具体的に、自由に描いてみることから始めてみます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です