その後の彼女

Pocket

 以前書いた記事「愛をもって話すこと」の職員に出した宿題は、「なんでもいいから50個アイデアを書いて持ってきて」というものでした。

なんと彼女は書いてきてくれたのです。

50個にはおよばなかったけれど、書いてきた、という事実がすばらしいです。

そのあとどうするかお互いに話して、次の宿題を出しました。

そうすると、今朝、わたしのレターボックスに提出されていました。

ここまでやる気がある子はなかなかいないのです。

宿題を出されてやってくるのが当然、という常識が通用しにくい今、彼女は貴重な人材です。

明日、この宿題について彼女と一緒に話し合う予定です。

 

こういうあたりまえとされてきたやりとりが今はできにくいひとが増えているように思います。

わたしの周りだけかもしれませんが。

このやりとりをしないかぎり、その子は伸びないし、わたしも伸びない、周りも変わらない。

お互いにとってよい仕事をしていくためにはコミュニケーション、お互いに刺激し合うことがとても大事なのです。


これからの彼女の成長が楽しみです。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です