園芸;春4月初め、何を植える?

Pocket

こんにちは、まつした(@flowerpower_ht)です。

 

園芸療法;わたしの夢

こんな夢の実現にむけて準備しております。
ご興味ある方、ご協力していただける方、ぜひご連絡ください(^-^)/

 

 

いま何を植えるか

 

ネコの額ほど、2m×2mくらいの土地があります。

いままでのゴミやらおおきいものだと座敷机なんかが放置されていて、美しくない状態だったのですが、一念発起、すべて動かして、捨てられるものは捨て、草を引いて石ころは除いて掘り返しました。

さて、何を植えようか、と思ったけれど、4月。

まだ天候、気温が安定しない。

野菜を植えたいと思っていて、もうトマトやナス、キュウリなどの苗は売られてはいます。

でも、いま植えてしまうと今朝のような急な寒さもあるのでまだかな、あと2週間くらい先かな?とお天気と駆け引きしています。

 

 

まず先に植えたもの

 

今咲いている春の花でもいいのですが、夏まで咲く花、というとペチュニアなど。

これも最近はもう3月から売られています。

いくらなんでも早すぎる、というか、季節をかんじさせないのであまり植えようとは思わなくて。

ペチュニアも4月の雪、ということもあるからまだ先。値段も高い。

5月以降、お安い苗が出回るようになってから、と見向きもせず。

ハーブコーナーでいくつか苗を選びました。

 

ラベンダー、ナスタチウム、マリーゴールド、タイム。

タネでは、ジャーマンカモミール、ガーデンレタス。

とりあえずこれだけ植えてみました。

 

ラベンダーは、クラフトに使えるのとなんといっても香りが好き。

梅雨時期に蒸れないように気をつけるだけで特に肥料もいりません。

 

タイムは小さな苗でもちょんちょんと葉をちぎってぽちぽちと土に挿しておけば、そのまま根付いて広がってくれるのでグランドカバー、周りをおおってくれるようになるし花もかわいいし、ドライにすればお料理などに使えます。

 

ナスタチウム、マリーゴールドは色もきれいですが、コンパニオンプランツになるかと思い、先に植えました。

 

コンパニオンプランツとは

 

コンパニオンプランツは、野菜のそばに植えると、野菜に寄ってくる虫や病気を防いでくれる働きがある植物です。

必ずその効果が認められるということは実証されていないようですが、例えばマリーゴールドは土の中にいる線虫(根から植物の栄養分を吸い取り枯らしてしまう)やアブラムシ、コナジラミなどの虫を寄せ付けない、とされています。

必ずその効果があるとは限らないし、マリーゴールドを野菜1株にどのくらい植えるのかなどまだ実証がないので、少しだけ土地の周りに植えました。

ナスタチウムもアブラムシをよせつけないなどの働きをするといわれています。

 

 

いろいろ使える

 

ジャーマンカモミールは花をただお茶にしたいからで、そのあと摘み取ってドライにすれば自家製のハーブティになります。

水に挿すとかわいらしいですし香りも良い。

 

ガーデンレタスはもちろん食べるためなのですが、緑のレタスだけでなく茶色などもあるので、畑に彩りをそえます。

少しだけ料理に使いたい、というときに畑からとってくれば新鮮です。

タネから育てると、生長具合を見るのが楽しみでもあります。

 

これらの植物を植えたところであとは来週、再来週あたりに野菜の苗を植えるのを待つ。

肥料は?と思ったのですが、掘り返してみると肥料は必要なさそうです。

というのも川がすぐそばを流れているので、肥沃な土地です。

夏野菜を植える前にしっかり掘り起こして空気を入れてやればしばらくは何もいらないでしょう。

 

少し草花、野菜を植えるだけで、これからの季節が楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です