なぜ作業療法士ブロガーは少ないのか

Pocket

いつもありがとうございます。

まつした(@flowerpower_ht)です。

 

 

常々思っていました、「作業療法士はブログをあまり書かない」のではないかと。

書いている作業療法士の方にはとっても失礼なのですが、

理学療法士と作業療法士のブログを比較すると、

圧倒的に理学療法士ブログが多いのではないでしょうか。

理学療法士ブログはコンスタントに書かれておられる方が多く、明らかに

何らかの情報を発信したい!という強い意志が感じられます。

いえ、作業療法士ブログだってそうなんです、そうなんですけれど、

やっぱり理学療法士ブロガーは多い。気がします(弱気)。

 

理学療法士と作業療法士の特性の違い

私が作業療法士になるための学校に行っていた時に感じた、理学療法士と作業療法士の違いについて列挙してみましょう。

(注意;あくまでも私の一方的な考えなので、それは違う!と思われたら大変申し訳ありません。

平に平にお詫び申し上げます)

理学療法士

• 理系、体育会系

• 何かを、思いを伝えたい、熱量が高い

• 継続して何かを行なえる

• 計画的

• 評価に基づいてのリハビリだったり行動をおこす

• 責任感高い

• 真面目

• 団結力高い

作業療法士

• 文系

• 想いを伝えても伝えなくてもいいかも。熱量が低い

• 継続して行わないかも

• 刹那的、日頃の観察からなにか突然ひらめく

• その時の直感に基づいた行動をとる(人が多い気がする)

• 責任感そんなに強くない気がする、なんとかなるさ、的な

• 真面目なようでマイペース、夢見がち、ポエマー

• 字より絵、イラストや手書きが好き

• あまり群れない、一人でも行動する、団結力低い

ああとても失礼なことを書いている気がしてきました。

先に謝ります。ごめんなさい。

こんな風に感じるものですから

作業療法士の私ですが元々が理系の頭なので、

理学療法士、作業療法士、どちらの特性も持っている気がするのですが、

理学療法士の方と話すと、「ああやっぱり何か違う」と感じるところがあります。

温度差があります。

わたしの書いた作業療法士の特性からすると、

継続して大量の文章を書くブロガーに、作業療法士は向いていない気がするのです。

(あくまでも私見ですのでお許しを。)

 

そして決定的なこと

マシンに弱い、というか、必要としない作業療法士が多い気がします。

毎日自宅に帰ってPCを開く作業療法士は少ない気がします。

そもそもPCを、インターネットを使わない人がわたしの周りには多かった。

テレビもない、携帯電話もないという人がいました。

いわゆる、「ちょっと変わった人」が多かった。

列挙した特性からも、作業療法士が持つ特性は

ブロガーに必要な特性と相反する項目が多いように思います。

だから作業療法士ブロガーは少ないんじゃないか、と思うわけです。

理学療法士の方々はこういった特性の違いを感じておられますでしょうか、

わたしだけでしょうかどうでしょうか。

あくまでもわたしの独断と偏見によるものなのでごめんなさい。。。

終ります。

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です