「わたしの夢」;少しずつ形にする

Pocket

いつもありがとうございます。

まつした(@flowerpower_ht)です。

 

園芸療法;わたしの夢

こんな夢の実現にむけて準備しております。
ご興味ある方、ご協力していただける方、寄付していただける方、ぜひご連絡ください(^-^)
お待ちしております、よろしくお願いいたします。

 

 

夢の続き

 

ラフな図面というか、スケッチは書いてみたのですが、

必要なものはだいたいそろっているので図面の上で動かせばどうにでも配置できる。

 

実際絵にしてみて少しわかったところで、ソフト面を考えてみます。

この場所を使って、誰に対して何をどうするか、です。

 

上記の「わたしの夢」に書いたように、たとえばその庭や施設で、園芸療法プログラムを行う、のはもちろん。

一つ一つ、どう行うか、どんなふうにするか、誰を対象とするか、具体的に考えてみます。

 

 

利益を出す

 

庭や施設を運営するからには利益を出さなければいけません。

ボランティアで行うことではないので、きちんと金額も出していきます。

どういう形でやっていくにしろ、「仕事」としてやってしていきたい。

園芸療法も、「仕事」として成立させないと広まっていかない。

その代わり、貴重な体験やトリートメントを十分満足してうけていただけるよう努力する。

 

ほんとうにまだひとりだけのプロジェクト。

どうやって起業するかまだ勉強中でもある。

 

 

あと何回季節がめぐるか 想像してみる

 

今年も春がめぐってきたけれど、あと何回、春を感じることができるだろうと考えると。

まだまだだよ、と、若いころなら思えたけど、50代は若くはない。しかし老いてもいない。

身体と頭が動くまで、あと何回季節がめぐるか考えると、そんなに多くはないかもしれない。

 

いつ死ぬかもわからない、今日かもしれない、明日かもしれない、病気になるかもしれない。

そんなことを考えていると、いまやれる、やりたいことをやらないで後悔したくない。

 

 

ひとつずつ形にしていく

 

早く形にしたいという気持ちはあるものの、考えを形にしないといけない。

そしてどうするか、ひとつずつ実行していく。

 

ほんとうはそばに仲間がいると心強いですが、相談できる友人はいる。

たとえいまは机上の空想であっても、来る人たちのことを考えて計画を立てていきたいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です