引き継ぐ予定のない引継ぎ資料は、わたしの宝物になる。

Pocket

いつもありがとうございます。

まつした(flowerpower_ht)です。

 

引き継ぐ予定のない資料にも意味がある

 

前回、引き継ぐひともないのに引き継ぐための資料を作っている、と書きました。

最後の礼儀

 

その資料には今までこの職場でやってきたことがつづられています。

 

今の職場の前の職場では、プログラムをいくつか企画、実践していたことがあります。

そこでも辞める際、プログラムの内容や方法について書き記し、引き継いできました。

 

なぜそのプログラムをするにいたったか、なぜ行う必要があるのかといった企画のときの内容から、

実際プログラムを遂行する際に必要な物品、進行、手順、注意点、などなど、

そう、「マニュアル」です。

 

いままでいくつもの「マニュアル」を作って残してきています。

それらは今後、他の場所で各プログラムを行うときや仕事に役立ちますし、

この職場でもおこなったのですが、自分で講習やプレゼンをおこなうときに活用できる。

立派な資料です。

 

せっせと作っています

 

いま、あたかもそこにいない存在としてわたしはノーマーク。

この時間を使わない手はない。

 

資料やマニュアルなどを書きためています。

あくまでも仕事です。

でも、自分のための今後のための宝物作りでもあります。

 

縛られない時間でいくつそういった宝物を作って残せるか。

活用出来うる限り、今の職場での時間を使い尽くすつもりです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です