園芸療法はなぜ知られないのか・広まらないのか

Pocket

こんにちは!

作業療法士で園芸療法を実践しております、

まつした(@flowerpower_ht)です。

 

 

なぜ園芸療法は広まらないのか

あなたは園芸療法という言葉を知っていますか?

園芸療法が行われている場所を知っていますか?

 

20年近く園芸療法を続けていますが、まだそれほど知られていない分野です。

やれば良い効果が得られるだろう、ということはなんとなく知られているようです。

では、なぜ園芸療法は知られない、知られていないのか、広まらないのか考えてみました。

 

  • 園芸療法、いざ始めようとしても本当はどういうものかわからない
  • 園芸療法ってどう始めれば、行えばいいかわからない
  • 園芸療法の講習を受けたけれど、どこでどう実施すればいいかわからない
  • すでに行ってはいるもののセラピーになっていない、園芸活動にとどまっている
  • 実施してみたものの定期的に行えていない、継続できない、どう続けていいかわからない
  • 園芸療法を行うことで得られる具体的な効果がわからない
  • 周囲の理解が得られず園芸療法を行いたくても実際は行う時間や機会が得られない

 

などといった声が聞かれます。

 

「園芸療法をやってみたい」「園芸療法の重要性を知った、やってみたい」というあなた。

「園芸療法を行う場所を紹介するのでとにかくやってみましょうよ」とわたしが誘ってみたとして、いますぐ始めることができますか?

実際にやってみる、始めてみることの大切さについては過去のブログで今まで述べてきたところです。

 

 

園芸療法、継続は容易ではない

一方、実際に園芸療法をやってみたあなた。

その後どうでしょうか?

続けていますか?

続けられていますか?

どんな効果が得られたでしょうか?

 

植物の世話をすることも園芸療法の一つ、ということもお話ししましたが、園芸療法を行ってみたあと、対象者他みんなで植物の世話ができていますか?

対象者の状態を評価し、園芸療法実施後、結果をまとめ、フィードバックしていますか?

事例としてまとめられていますか?

 

フィードバックや事例としてまとめる、ということは毎回格式張った状態でまとめる必要はありません。

とにかく時間がかからない方法で、メモ程度に書き留めておける方法を考え、記しておくことが大切です。

 

園芸療法に「時間をかけない」「時間通りに実行する」ことが重要です。

時間をかけないからと言っても、手を抜くということではありません。

継続して行うことでタイムマネジメントができてくるはずです。

 

植物の世話を対象者と一緒に行っても、まだ作業し足りないこと、世話が必要なときは園芸療法の実践者が行わなければなりません。

これからの園芸療法の計画を立てる、準備することなどにも時間を割かなければいけないのに、園芸療法を行なったあと、記録やフィードバックに多くの時間を割くことは論外です。

そのため、園芸療法を実施するだけでなく、まず、短い時間で記録し、フィードバック、効果をまとめていくことができるかも考える必要があります。

 

 

園芸療法を広めるためにはどうしたらいいのか

園芸療法を知ってもらう、広めるためにはまず園芸療法をビジネスとして確立することが必要です。

 

園芸療法、園芸福祉、ガーデンセラピー、いろんな呼び方があるのですが、園芸療法を教える、学ぶ人は増えてきています。

そういった教育機関も増えてきています。

現に作業療法士を輩出する学校が園芸療法を授業の一つとして組み込む学校も増えてきています。

 

園芸療法士が認定され、作業療法とともに行える人材が増えてくることは好ましいことです。

しかし果たして作業療法士になった時、学生時代に学んだ園芸療法をリハビリとして用いられるでしょうか?

作業療法士となって現場に出た時、リハビリの場でリハビリとして要求される内容は必ずしも園芸療法ではないことがほとんどです。

園芸療法がすでに導入されている場所はまだそんなに多くはないようです。

 

せっかく勉強した園芸療法が活用されない、されていないという事実。

「園芸療法でリハビリってどういうこと?どういった効果があるの?行う価値があるの?」と現場の同業者、患者、利用者に思われる事実。

こういった事実を変えない限り、園芸療法はいつまでたっても普及しないでしょう。

 

 

園芸療法で確実に対価を得る

園芸療法を知ってもらう、広めるためにはまず実行、継続し、結果を出し知ってもらうこと、ここに戻ります。

 

園芸療法は遊びやレクリエーションで行っているものではありません。

療法=セラピー、なのです。

どんな対象者に対してどういった方法で行い、その結果どんな効果があるのか、明確にわかりやすく提示し理解してもらう。

講習や学校の授業では教えてくれないビジネスとしての園芸療法を広く説いていかなければなりません。

この、ビジネスとしての園芸療法が確立しない限り、浸透することは難しいでしょう。

 

もしあなたがすでに園芸療法を実践していて結果を得てその効果を知っているならば、いつ、誰に対してでもプレゼンテーションできるよう、準備しておく必要があります。

園芸療法の普及はそこから始まります。

熱意だけでは通用しない、結果や効果をデータとして見せる必要があります。

 

 

園芸療法を決して安売りしてはいけない

園芸療法での効果を自信を持ってアピールし、相当の金額で活動する。

効果がありその対価を得るのであれば当然です。

しかし、安易に低価格で提供、ましてやボランティア、無償で提供してしまってはまず後継者に繋がりません。

園芸療法を仕事としてやっていこうという後継者の育成が成立しなければ園芸療法も知られない、広まりません。

 

園芸療法はしかるべき方法にのっとって行えば効果が得られるもの。

つまりれっきとした商売、ビジネスです。

セラピー、リハビリテーションとしてプレゼンテーションし、契約を結び、実施されるべきものです。

このステップを確実に踏む、ビジネスとしての園芸療法を広げていく。

そして、決して安売りしてはいけない、安売りしないでほしいのです。

 

これからの超高齢化、そして少子化社会。

園芸療法の対象者は増えており、今後必要とされる代替療法の一つです。

みんなが笑顔になり自然と体が動く。

園芸療法はリハビリ、セラピーとして使える手法、そしてそれだけでなくそこからの影響は無限大です。

 

 

もも

ブログを更新したらTwitterでお知らせしています。

フォローflowerpower_ht)、よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です